上手な引越し業者選びのお手伝い

標準引越し運送約款

標準引越し約款・・・ちょっと聞き慣れない言葉ですが、国土交通省が引越し業者を対象に定めたものであり、この約款にはさまざまな規定が記されています。
元々、引越しは認可された業者でないと行えないのですが、認可されていれば安心できちんとしていると思ったら大間違いです。
殆どは優良な業者であるのですが、中には悪徳業者といってもいいような業者も存在しているのが実情です。
そういった業者も、我々が引越しについて少し無知なのを利用して悪徳まがいのことをしてくるので、中には信用してしまう人もいるそうです。
こういった業者を使って引越ししないためにも、業者選びは大切です。

 

まずは、引越しの際の料金は前払い制は禁止されています。ですから、予約金などを払うように言われたらその業者での引越しはしないことがベストです。
ですから、見積りや契約の際に「標準引越し運送約款」の提示がされない場合はあまりよい業者とは言えません。
この約款には、解約料金のことや運送途中の破損などについても記されているので、われわれもきちんと把握しておかないといけません。
例えば、破損などについても3ヶ月以内の申し出をしれなければ損害賠償請求ができませんなどというような規定です。
季節的に使わないようなものなどは、押入れの奥にしまい込んだりしていて、後で破損に気が付いてもそのときは損害賠償請求ができませんから、チェックしておくことが必要です。